【要注意】勧誘がキツイってマジ?たかの友梨のエステの裏口コミ情報

たかの友梨に対して、勧誘が激しいのではないかと不安に思っている人も多いようです。確かに、一昔前のエステと言えば勧誘がしつこいため、施術は受けてみたいものの、勧誘が嫌なので敬遠していたという女性も多いもの。特にたかの友梨の場合、体験コースは通常コースよりもかなり割安になりますので、体験コースを受けたら、結局は勧誘されるのではないかと不安に思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、たかの友梨の勧誘事情はもちろんですが、エステ業界の勧誘に関する話もしていくとしましょう。

・たかの友梨の勧誘に関して

たかの友梨の勧誘は、口コミでもいろいろな意見があるのですが、結局は「エスティテシャン次第」という事になるのでしょう。消費者保護という観点から、過度な勧誘は行われないようになってきていますし、激しいかそうではないかは、受けた側の主観になります。「激しくてしつこい勧誘だった」と感じたとしても、他の人は「この程度か」と思うかもしれません。

たかの友梨に関しては、口コミでもあるように、基本的にはしつこい勧誘はありません。体験コースでも「お手伝い出来ればなと思います」くらいは言われますが、それは勧誘というよりも、エステティシャンからすれば「台本に書いてある言葉」程度のものでしょう。一応は商売なのです。何も言わないのもかえっておかしいですからね。むしろ、たかの友梨の勧誘は他のエステ業者を見ると、全然しつこくない事が分かります。

・勧誘がしつこい業者の特徴

takano13
勧誘が激しいエステも未だにあります。これだけ消費者保護が叫ばれていても、まだまだしつこい勧誘を行っている業者はいるものですが、しつこい勧誘をしてくる業者か否かの一つの判断材料として、大手かどうか」という点が挙げられます。たかの友梨の場合、コマーシャルも出していますし、会長はテレビ出演もしています。

もしもですが、激しくしつこい勧誘をしていたら、たかの友梨の社会的な信用度さえ損ねる事になります。コマーシャルにせよテレビ出演にせよ、いわば「たかの友梨」と言う看板を背負っているのです。一方、コマーシャルも行っていなければ、社内の人間がテレビ出演している訳でもないエステの場合、まずは売り上げを確保しなければなりません。

そのため、勧誘もどうしてもしつこいものになりがちです。たかの友梨の場合、勧誘しなくとも、圧倒的な知名度のおかげで多くのお客がやってきますので、「ダメなら次」と割り切れますが、まだまだこれからのエステの場合、次にいつお客が来るのか分からないので、どうしても「逃してなるものか」という意識から、勧誘がしつこくなってしまうのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です